注力分野

当社グループは、「モノ」に関する広範な知見と高度な金融ノウハウを用いてお客さまの会計・財務・事業上の課題を解決する提案営業に強みを持っており、大企業・中堅企業のお客さまを中心に強固なリレーションを築いております。これまで提案の中心としていたリース・割賦等をはじめとする財務ソリューションに加えて、現在、当社グループは以下の事業分野へ注力しています。

  1. 医療・ヘルスケア

    医療機器や施設設備に対するファイナンスや、独シーメンスグループなど医療機器メーカー等との連携によるメンテナンス付リース等のサービスビジネスを提供しています。今後も医療機器メーカーや医療機器商社との連携を深め、地域包括ケアシステムやデータヘルス、予防健康管理といった分野への事業領域の拡大を目指します。同時に、既存の病院・介護施設向けの機器ファイナンスに留まらず、介護施設もターゲットのひとつとして不動産開発事業者とタイアップするなど、一歩踏み込んだ提案営業を推進していきます。

  2. 環境・エネルギー

    環境問題への取り組みの重要性が世界的に高まるなか、さまざまな企業に対し、リース等のファイナンスや各種補助金の申請代行を通じて環境・エネルギー関連の設備導入を支援しています。今後は、環境ソリューション提供企業との連携等により、企業の環境投資に対するコンサルティング機能を強化していくほか、発電・送配電・エネルギー供給等の電力関連ビジネスのプロジェクトファイナンスや事業参画にも注力していきます。

  3. 不動産

    不動産事業は、ショッピングセンターや物流倉庫、オフィスビル等の建物や土地を対象に、さまざまなファイナンス手法を駆使しながら、当社のコアビジネスとして成長してきました。今後は、社会的ニーズの高まる介護施設等の医療・ヘルスケア分野や保育施設、訪日外国人需要を背景としたホテルなどへの取り組みを強化しながら、海外不動産取組みの拡大や開発案件への出資などにもチャレンジしていきます。

  4. テクノロジー

    第4次産業革命により、企業のビジネスモデルが「販売からサービス提供へ」と大きく変化しようとしているなか、IoTやAIをはじめとする先端テクノロジーに関連する設備需要は活発化していくものと想定されます。当社では、産業構造の変化を機敏に捉え、幅広い分野でのノウハウを活かし、各分野の有力企業との積極的な協業等によるビジネス展開の推進により、お客さまのニーズに即したソリューションを提供していきます。

  5. グローバル(航空機/海外現地法人)

    グローバリゼーションの深化により、航空機需要や海外での企業の設備投資は拡大基調にあります。航空機事業においては、航空機リース、機体担保ローン、エンジン担保ファイナンス等のサービスを世界の航空会社に対して提供しています。今後は、オペレーティングリース事業の拡大やこれまで培ってきたノウハウを活かした、エンジン・部品等の機体周辺ビジネスへの取組みを目指していきます。また、海外現地法人においては、日系企業の海外展開サポートに加え、現地有力企業との取引についても本格的に取組んでいます。さらに、日系企業とのベンダーファイナンスの提携やM&A、資産買取などを通じたビジネスの拡大も目指しています。

PAGE TOP